es9018k2m-8-0
 青基板改造後。緑基板も多少チェックしたが、パターンは全く同じようだ。(シルク印刷は多少違う)
es9018k2m-9-1
 改造点は以下。
C1:使われていないので取り外す。元々は基板外に5vとかを供給する為のもの。
C2,C3:レギュレーターの出力側なので、耐圧は6.3vとかで良い。100uF16v,100uF6.3vに変更。(元は100uF16v)
C4,C6:単電源OPAMP回路のGNDに接続する所に使われている。同値ニチコン並品VXに交換。
C5,C7:DC入力電源と接続されているので、耐圧は25vとか必要なので要交換。(元は220uF16v。緑基板では、ちゃんと25v品が使われている。)
C8,C9:単電源OPAMP回路の出力DCカット用。R1,R2とでハイパスフィルター。100uF+3kΩに交換。(元は220uF6.3v+10kΩ)
C10:OPAMP電源用。100uF25vに変更。(元は47uF50v)
R3,R4,6K2*4:比較的交換しやすい場所で効果がありそうだったので11Ω,4.7kΩ*4に交換。
B,C:8.2kΩと3.2kΩがB-Cで繋がっているが、本来赤丸の部分を8.2kΩで接続する回路のような気がするが、OPAMP周りは十分理解できてない部分も多いので、今回はそのまま。
レギュレーターは、内側がES9018K2M用で、外側が100MHz水晶発振器用。取り外して両方3.3vを外部(LED電源)からの入力にした。水晶発振器は元は5vだったが、3.3vでも動作した。

全部手持ち部品だけで済ませたので、理想的でない部分もあります。あとは、やはり水晶発振器は替えたい。
まだエージング中だけど、それなりに満足と言ってよい状態になった。

ES9018K2M-0
 単電源動作のOPAMP部分の回路を書いてみた。実装位置中心にしたので見難いです。(片chのみ)

>>>ES9018K2M I2S入力 格安DACボードを購入してみた。(その1)

>>>ES9018K2M I2S入力 格安DACボードを購入してみた。(その2)



  >>> ebayでES9018K2M I2S入力DACボードを検索.... 

  >>> ebayでAK4490 I2S入力DACボードを検索.... 

  >>> ebayでAK4495 I2S入力DACボードを検索....