tpa3122btl-0TPA3122をBTLで作り直し。BTLにした以外では、Zobel回路を追加してみた。

一週間ほど鳴らしているが、左右のセパレーションは良くはなったけれど、IC一つで作った時に比べて、音が激的に良くなったという程のものは、今のところ感じていない。しかし、ICの値段を考えれば、やはり 最初からBTLで作るべきだっただろう。

 ミュート回路を付けるために、基板中央付近のスペースを空けていたのだが、BTLにしたらポップノイズが皆無になり、無駄になった。オンオフどちらでも全くノイズが入らない。

 12V鉛バッテリーで駆動しているので、消費電力も気になっていたのだが、毎日電圧を見ていた限りでは、ICが2個でも、TA2024改よりも微妙に消費電力が少ないようだ。


tpa3122btl-1

赤丸部分がチップコン。1uf×2、0.1uF×4。はじめ、RCAのグランドを 接続し忘れて、発振して音が出なかったので、0.1uF×3は、後から追加したが、たぶん不要だっただろう。