KG316T-0
ebayで100Vで使えそうなタイマースイッチ(デジタルプログラムタイマー)があったので、BuyInCoins.comから購入しました。
マニュアルや仕様がわかりにくかったので備忘録。型番はKG316T(110V)。

LCD Micro-Computer Time Switch Timer Controller 110V (Micro-Computer Time
Switch 110V)  
$11.05 (送料込900円くらい?)
いちおう、うちは西日本50Hzですが、60Hzでも動きそうな気がします。

●電源コードの接続
・左から1番目2番目に入力用、3番目4番目に出力用のケーブルを接続する。


●タイマーと関係無く、手動でON OFFを行うには、[AUTO/MENU]ボタンを押す。
 押す度に、ON AUTO OFF の ▼の位置が替わって、通電状態では[WORK]の緑LEDが点灯する。


●現在日時曜日のセット方法
・[CLOCK]で時間表示した状態にする。
[CLOCK]+[HOUR] 時間調整
[CLOCK]+[MINUTE] 分調整([CLOCK]離すとセットし、0秒になる)
[CLOCK]+[WEEK] 曜日調整


●タイマー時間のセット方法(タイマーは10個までセット可能。)
1.[TIMER]ボタンでタイマーセット用の表示になる。
(左下「1 ON」と表示される。30秒間操作しないと、通常の時間表示モードに戻る。)

2.[TIMER]ボタンを押す度に、1 ON → 1 OFF → 2 ON → 2 OFF ……… 10 OFF と替わるので、
 セットしたいタイマーに合わせる。
(1 で良ければ、1 ON のまま、3.の操作をする。)

3.[HOUR][MINUTE][WEEK]ボタンで、タイマー動作をさせる「時」「分」と「曜日」を
 セットする。
(曜日は、毎日で良ければ、全ての曜日が表示されている状態(デフォルト)にする。)
(それぞれの番号のON と OFFを設定する。)
(セットした内容をクリアするには、当該の番号ON-OFFを表示させてから[RESET/RECALL]を押す。)

4.[CLOCK]ボタンを押して、通常動作モードに戻る。
(よくわからないが、タイマー動作は[AUTO/MENU]で、▼ON AUTO OFF を ▼AUTO にしておけば良さそう。)


<<< その他 >>>
●購入後に最初にすること?
 何か書いてあったが、適当にボタンを押していたら、上記のような通常動作になった。
First please press clock , then press cansel & reset consistently for 4 times , there will appear the symbol of "a" Now, When the keyboard is in the state of "Off" , Micro-switch would not accept the usual command.
Next press cansel & reset consistentry 4 times , the "a" will disappear.
Then the keyboard is On , so it could accept any command!

<<< 使用感等 >>>
・サイズは大きい(120 *74 *58mm)が、中は空洞部分が多い。
・マニュアルはA51枚英語が添付されていたが、わかりにくい上に220V仕様とか書いてあったりする。
(本体下面に、「AC110V」のシールがあった。WEBの画像で見ると、220V仕様は型番やデザインが微妙に違うようだ。)
・時計用の電源は、充電池(たぶん単3くらいのサイズの奴)が内蔵されているようだ。
・小振りの電解コンデンサが2本あったが、基板が引き出しにくくて交換しにくそうだったので、そのままにした。
・タイマーON OFF動作時には、リレーの動作音がする。
・時計用クリスタルがあったので、あまりに時間がずれるようなら、水晶を交換しよう。
・取説画像の正面左下にはヒューズ交換ネジがあるが、実物には無い。中にあったかどうかは見忘れた。
・筐体は、じきに加水分解でパリパリ割れてきそうなチープ感。