tpa3122-0マルツ電波で、DIPのD級アンプICが420円というので、作ってみた。同じD級ということなのか、音はTA2024ととても似ている。音場感が微妙にイイか?たぶん、ブラインドテストとかでは違いがわからなそう。

ほぼデータシートの通りに作ったのだが、手持ちに1uFの積セラが無く、全部フィルムコンで作ったら、発振して音が出ず、電源関係全部(といっても4つか?)に0.1uFのチップ積セラをパラることで解決した。

ただ、出力カップリングが必要なので、リレーでミュート回路を組まないと、ICのミュート機能では、ポップノイズが消せない。

悪くはないのだが、BTLにすれば 出力カップリングが不要になるし、外付けパーツも少ないので、BTLにする他に、あまり大幅な音質向上手段が無いこともあって、BTLで作り直すことにした。